ピンボールガロ

  1. ホーム
  2. 鉱工業動向等

鉱工業動向等

最終更新日:2023年12月13日

九州地域の鉱工業動向

鉱工業指数とは、生産、出荷、在庫に関連する諸活動を体系的にとらえたもので、価格の変動を除いた量的変動を示す数量指数であり、基準年(=平成27年)の平均を100としています。

季節調整済指数(季調済)とは、生産活動等の季節的要因(例えば、製品の季節需要や大型連休の影響等)による変動を除去し、月々の生産等の動向を前月比で比較できるよう調整を行った指数のことを言います。

当局では、九州地域(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎及び鹿児島の7県)の鉱工業動向を毎月発表しています。

※平成30年12月に、平成25年1月以降のデータをさかのぼって平成27年基準(2015年=100)に改定しています

おしらせ

当局にて公表している九州地域の鉱工業指数について、公表内容の一部に誤りが確認されました。
詳細は以下リンク先よりご確認ください。

報道発表

基準改定概要(平成27年基準)

各種統計データ

鉱工業指数(鉱工業動向と同日付け更新)

IC生産実績(鉱工業動向と同日付け更新)

鉱工業主要生産品目の生産実績(2020年2月18日更新)

参考

九州経済の動向(月次動向)

生産、消費、雇用等の各種経済指標を基に、九州地域(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島の7県)の経済動向を毎月とりまとめています。

発表資料

<お知らせ>
「九経マンスリー・サマリー(月次動向)」の終了について(2023年4月) 「九経マンスリー・サマリー」については、2023年3月版(2023年3月15日公表)をもって終了しました。なお、九州経済に関する各種データにつきましては、「九州主要経済指標」にて引き続き掲載していく予定ですので、こちらをご確認ください。

<お詫び>
九州地域の鉱工業動向(2022年3月速報、2021年度速報、2022年4月速報)において誤りがありましたので、九経マンスリー・サマリー(2022年5月版※2021年度版、2022年6月版)についても訂正いたしました。

各種統計

九州経済の現状

九州地域の概況(位置、経済規模、工業構造、主要産業の動向など)に加え、景気動向(全体概況、生産動向、個人消費、設備投資、雇用情勢)についてとりまとめています。

発表資料

〜最新データをお届けします!〜
Kyushu Economic Junction メールマガジンのご案内 「九州経済の交差点」を創るべく、各地の経済動向を把握する企業・団体、シンクタンク、行政の皆様と接点を持つことで、地域に根ざした経済活動の現状や課題等についての情報交換等を行うことを目指すメルマガです。 ご希望の方はこちらの登録フォームからお申込ください。

お問合せ先

九州経済産業局 総務企画部 企画調査課 調査室
電話:092-482-5417